あさぶのオフィシャルブログ

あさぶのオフィシャルブログへようこそ

不眠にお悩みですか

スポンサーリンク

皆さん、今日もありがとうございます。

 

今朝は5時半に目が覚めてしまいました。鼻づまりです。左側だけつまっているのですが、どうしても、目が覚めてしまいます。5時半だったので、もう起きていましたが、あと1時間くらい寝ていたかったなと思います。そのせいもあり、眠気が残っています。外出の予定がありましたが、辞めておきました。

 

最近は不眠に悩む方が多いと聞きます。今日は少し不眠について考えていきたいと思います。

 

睡眠時間は約6時間から7時間程度は、基本確保出来ているので、睡眠不足ではないはずです。睡眠時間は確保出来ても、よい睡眠ではないので、その結果不眠になります。不眠の状態が続けば、昼間に眠くなる事が多くなります。現に私も、眠気を戦いながら記事を書いています。

 

私の場合は家での仕事を基本としているので、眠たくなれば何時でも寝る事が出来ます。しかし殆どの人は、お勤めの筈です。仕事中に眠くなったりするような事があれば、仕事に支障が出てしまいます。

 

仕事や家庭などの原因でストレスのあるような方で、不眠の方がいると思います。そんな時には、手の指の爪もみをするのが一番です。爪の生え際の辺りを、揉むだけなので、仕事中にササッとする事が出来ます。1指辺り10秒程度です。ちょっと手が空いた時などに簡単にする事が出来るので、おすすめです。

 

不眠の場合には、中指の爪の生え際辺りを揉んでみましょう。不眠でお悩みの場合には、少々痛いかもしれません。

 

1日に2回から3回程度行って下さい。症状は改善される事と思います。この爪揉みをしても、不眠が続いてしまう場合には、なるべく早くにかかりつけ医に相談をするようにしましょう。何らかの病気である可能性が考えられます。

 

ただし薬指への爪揉みをしてしまうと、リラックス効果が薄れてしまいます。なので、リラックスをしたい時には、薬指への爪揉みは控えるようにしましょう。

 

私も、日常的に爪揉みは行っているのですが、ブログ記事を書いている最中にこの、爪揉みを実際にやってみました。痛い指もあれば、痛くない指もあります。10秒程度で簡単に出来るものなので、皆さん是非お試しをして頂ければと思います。

 

どんな事でもそうですが、この爪揉みをしたからとって、症状は必ず改善されるとは限りません。1日に2回または3回が限度です。多くなりますと、強く揉んだ為に手が痛くなってしまう事も考えられます。また、痛みを感じた場合には、優しく揉んだり、様子を見たりするようにしましょう。

 

皆さんの不眠が改善されますように。

 

今日も最後まで、お読み頂き、ありがとうございます。